ブログ

catch-img

「単発バイトとは?」 ~単発バイトの特徴やメリット・デメリット、探し方などを解説します~

単発バイトとはなにか?どんな人が単発バイトに応募してくるのか、気になりますよね。単発バイトとは、最短1日から働ける短期間のアルバイトのことを指しています。決まった空き時間を確保できない方にとって都合の良い働き方であるため、学生や主婦の方に人気のバイトとなっています。企業側からしても、一時的に人手がほしいときにだけ利用でき、定期的な費用がかからないメリットがあります。


本記事では、単発バイトの特徴や単発バイトの募集の仕方について解説します。単発バイトは従業員からしても企業からしても都合のよい仕組みではありますが、メリットだけではありません。記事内では、単発バイトのデメリットや募集を出す際の面倒な手続きの解消方法もご紹介していますので、ぜひご覧ください。


目次[非表示]

  1. 1.単発バイトって何?
  2. 2.単発バイトと派遣や短期バイトの違い
    1. 2.1.単発バイト
    2. 2.2.短期バイト
    3. 2.3.派遣
  3. 3.単発バイトのメリット・デメリット
    1. 3.1.メリット
    2. 3.2.デメリット
  4. 4.単発バイトはどんな仕事が多い?
  5. 5.単発バイトの注意点
  6. 6.単発バイトの探し方
    1. 6.1.求人広告に掲載
    2. 6.2.採用活動
    3. 6.3.勤怠管理と給与の支払い
  7. 7.単発バイトまとめ


単発バイトって何?

単発バイトとは、最短1日~1週間程度の短い契約で働くアルバイトのことです。アルバイトと言えば、週3回など定期的なシフトを組んで仕事をおこない、長期にわたって働くのを前提としているのが一般的です。


しかし、単発バイトの場合は最短1日のみの仕事もあるので、決まったシフトで働けない学生やスキマ時間に働きたい主婦に人気の労働形態でもあります。


単発バイトと一言にいっても募集の方法は複数あり、主なものでは年間を通して募集をかける単発バイト、季節ごとに募集をかける単発バイトなどがあります。年間を通して募集をかけている単発バイトは、チラシのポスティングやティッシュ配りのアルバイトです。人手が不足しそうなタイミングのみ募集をしたい会社が多く利用しています。


また、季節ごとに募集をかける単発バイトの例としては、クリスマスケーキの販売やイベントでの接客スタッフの募集があります。通年で働いてもらうスタッフがいるかもしれませんが、繁忙期に合わせて増員したい企業も多くあります。


そんなときに便利なのが「単発バイトの募集」です。繁忙期の時期は学校が休みであることも多いので、企業と学生のニーズがちょうどマッチするタイミングでもあるのです。単発バイトは、企業と従業員双方にメリットのある働き方であると言えるでしょう。


単発バイトと派遣や短期バイトの違い

短期間で働く方法としては、単発バイト以外にも派遣や短期バイトといった働き方があります。それぞれの違いを確認しておきましょう。


単発バイト

単発バイトとは、最短1日~1ヶ月程度で完結する超短期間のアルバイトです。最短1日から働けるというのが大きなポイントで、週末買い物に行きたいからすぐにお金がもらえるアルバイトないかな、時間が空きそうだから働いて収入を得られないかな、といったニーズを満たすことができるので、学生や主婦の応募が多い傾向にあります。


企業側としては、明日欠員が出そうだから人を補充したいな、定期的な採用は負担になるから一時的に働ける人を募集したいな、というニーズを満たすことができる募集方法でもあります。


短期バイト

単発バイトより少し期間が伸びるイメージの働き方が、短期バイトです。1周間~数ヶ月を目安に、通年ではないけれど、繁忙期の時期などに合わせてある程度まとまった期間に働く形態のことを指しています。


季節限定のアルバイトやリゾートバイトなどが短期バイトに該当します。クリスマスやお正月、GWや夏休みなど学校が長期休みに入るタイミングでもあるので、学生の応募が増えるタイミングでもあります。


派遣

短期の労働形態の一つとしては、派遣労働も該当します。派遣とは、従業員と企業の間に派遣会社が入り、労働契約をそれぞれと交わすことを指しています。従業員としては仕事を向こうから紹介してもらえるメリットがありますし、企業側としては正社員として雇用するコストリスクなどを抑えることができます。

ただし、派遣の場合は30日以内の日雇い派遣が禁止されているため、単発バイトのような超短期間での募集はできません。


単発バイトのメリット・デメリット

従業員が考えている単発バイトのメリット・デメリットを解説します。応募してくる従業員の考えを知ることで、どのような募集をすれば応募してもらいやすくなるのかが分かるようになりますよ。


メリット

単発バイトの従業員側のメリットとしては、以下の3つがあります。


時間を有効活用できる

1つ目のメリットは、単発バイトなら時間を有効活用できることです。時間が空いたときだけシフトを入れられるので、自分の好きな時にだけ働けます。定期的なアルバイトをしている場合、アルバイトのスケジュールを中心に予定を組まなければならないこともありますが、単発バイトなら完全にプライベートを優先した働き方ができるようになります。


単発バイトの募集をかける際は、自社で働くことのメリットをいかに訴求できるかが大事ですよね。従業員の気持ちに寄り添ったメリットを記載できると、より効果的な募集ができるはずですよ。


給与をすぐにもらえる

2つ目のメリットは、給与をすぐにもらえることです。一般のアルバイトなら働いた月の翌月末に給与が支払われるケースが多いでしょう。単発バイトの場合は最短終業と同時にもらえる場合もあるので、すぐに現金がほしい人には嬉しい仕事です。


悪質な会社の場合は未払いが発生するケースもありますから、「すぐもらえる」「確実にもらえる」という文言は単発バイトを希望する人に響きやすいフレーズの1つでもあります。


人間関係を気にせず働ける

3つ目のメリットは、人間関係を気にせず働けることです。長期的に働いているとトラブルをキッカケに働きづらくなることや、上下関係があれば修復に気を遣わなければならないときもあるでしょう。ですが、単発バイトなら期間限定なので割り切った働き方ができますし、仮に働きにくいと感じても短期間の辛抱と思えて絶えられる人もいることでしょう。


「人と話すことが少ない職場」である場合、それをPRすれば人間関係に苦しんだ経験がある人の心に寄り添うことができるはずです。企業側も短期間ならそこまで従業員のケアに神経を尖らせる必要がないのも単発バイトのメリットといえそうですよね。


デメリット

単発バイトのデメリットをご紹介します。


毎回応募しなければならない

単発バイトのデメリットは、仕事の度に応募手続きが必要になる点です。好きなときに仕事ができる反面、余計な手間が増えてしまう点がネックになります。募集をかける企業側としては、単発バイトを希望する人のネックになる点を解決できれば、応募のキッカケを作ることができますよね。

もちろん応募することは欠かせない手順ではありますが、いかに簡単に応募できるかは企業側の工夫で改善できる点でもあります。


スキルを習得しにくい

単発バイトの2つ目のデメリットは、スキルを習得しにくい点です。理由としては、短期間で完結する仕事であるため、単純作業が主な仕事になるからです。

確かに目をみはるようなスキルはつかないかもしれませんが、データ入力ならタイピングスキルが身につきますし、工場内なら仕事を効率化できるスキルを身につけることができるでしょう。小さなことでも働く人のメリットを見つけようとする姿勢が募集成功の鍵になりますよ。


単発バイトはどんな仕事が多い?

単発バイトでよくある仕事の例をご紹介します。


<よくある単発バイトの例>

l  軽作業

l  チラシ

l  販売

l  接客

l  引っ越し


基本的にはその場で覚えられる仕事が多いですが、種類によっては好みが分かれるケースが多いでしょう。軽作業なら体力は必要ありませんが、黙々と集中して作業ができる人が向いています。

接客・販売の場合はある程度の体力と人と話すことに苦を感じない人が良いでしょう。また、引っ越しの場合は体力ありきの仕事になります。


単発バイトの注意点

単発バイトをする際の注意点は、派遣会社に登録して日雇いの仕事をする場合です。基本的には派遣会社と労働契約を結ぶ場合、30日以内の日雇い労働は禁止されています。

ただし、雇用保険を受けていない学生や世帯年収500万円以上の家庭の主婦であれば派遣登録をしていても日雇い労働が認められています。従業員と企業が直接の労働契約を結んでない場合は注意しましょう。


単発バイトの探し方

具体的に、単発バイトを希望する人をどのように募集するのかを確認しましょう。


求人広告に掲載

まずは求人広告に単発バイトの募集を掲載します。一般的には専門雑誌や専門サイトに掲載料を支払い募集文言もイチから検討しなければなりません。掲載するまでに何度も検討を重ねる必要があるでしょう。グレフ(Greff)なら無料で求人広告を掲載でき、PCやスマホから必要項目を入力するだけなので誰でもすぐに募集を開始できます。


採用活動

続いてのステップは採用活動です。普通であれば書類や面接で人材を選びたいところですが、緊急で単発バイトを雇いたい場合は時間をかけることが難しいかもしれません。グレフ(Greff)の「即マッチング」なら、応募順にシステムで自動採用していくので、緊急時の人材確保も手間なく実施できます。


勤怠管理と給与の支払い

採用の後は勤怠管理と仕事完了後の給与の支払いです。数十人と緊急で採用した場合、自社の勤怠管理のルールを説明するのにも一苦労ですよね。さらに全員に漏れなく給与の支払いをしなければならないので管理も大変になるはずです。


グレフ(Greff)なら、給与の支払いを代行してまとめて請求が可能です。仕事時の勤怠管理もスマホを利用したシステムで一括管理ができるので、膨大な作業をこなさなければという心配もありません。


単発バイトまとめ

単発バイトの特徴や募集の方法についてご紹介しました。


l  メリット・・・時間の有効活用、すぐに給与をもらえる、人間関係を気にせず働ける

l  デメリット・・・毎回応募が手間、スキルが身につかない

l  注意点・・・派遣の場合は条件に注意する必要がある


本記事が単発バイト募集の参考になれば幸いです。

人手不足を低コストで解消したいなら
グレフにご相談ください

無料登録後、
すぐに求人票の作成・掲載が可能です。
グレフのことが3分でわかるお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧