株式会社E-st様
導入事例

グレフを活用し、自社採用という業界の課題解決に成功!

株式会社E-st

事業部名:第二営業部 主任
担当者名:堀添雄翔様
業種:イベント
従業員数:100人
導入の背景 求人広告を出しても採用ができず、急な人員不足に採用が追いついていなかった。
導入の決め手 グレフは、ワーカー様の働きぶりやお人柄を知った上で、長期雇用が可能という点。
導入後の効果 事務員の長期雇用に成功。グレフを通して、別件の求人へのご案内などを行い、リピート率の向上に成功。

どんなお仕事をグレフで募集されていますか?

大手通信会社のコールセンターや販売スタッフ、キャンペーンスタッフなどの職種を募集しています。

当初は不可能に思えたグレフの導入

これまでは、パートナー会社さんなど内輪で人員をまわしているのがほとんどだったので、グレフのように外にお願いして人員を導入する、というのは弊社としても初の試みでした。
そのため、初めはグレフを導入した運営ができるとは思ってもいなかったのですが、従来お付き合いしている企業様が実際にグレフを活用し、スタッフを集めているという話を聞き、グレフを導入するきっかけになりました。特にグレフを通して出会ったワーカーさんを長期雇用で自社採用できる、というのがこれまでにはない斬新なサービスだと感じました。活用してからは利益率の向上にも繋がり、助かっています。

また、定期的に単発のワーカーさんをグレフを通して採用できるようになり、行く行くは管理者候補も見据えられるような人員の育成も見越してグレフを活用するようになりました。実際に現在では管理者候補が見込まれる人材の採用も決まったりと、グレフを導入してよかったなと思っています。

グレフを導入する前の採用

無料の求人サイトなどに求人を垂れ流している状態で、ほぼ効果がないのが当たり前のような状態でした。有料の媒体を活用したこともありますが、費用対効果が悪く、採用も全くできていないような状態でした。求人を出して採用をする、といった自社採用のような形が成功できたことがない状態です。こういった事業内容柄、案件が来てから求人を出して募集、という流れだと、自社採用で必要なスケジュールを取れないので、スピード感もしかり、費用感もしかり、協力会社さんに頼りっ切りの人員補充となっておりました。通信業界では、再委託、再々委託などが当たり前なので、そういった採用手法が長年続いてしまっています。その為、自社採用力を強化しなければ、と課題に感じています。

“自社採用力”という業界の課題

従来の弊社の運営方針として、通信業界で成功していく上では「いかに一次企業様に近づき売り上げを上げるか」、「自社採用数を上げ仲介料金を省き利益率を向上するか」の2点が非常に重要で、弊社の場合は前者を優先して運営してきました。そのため、自社の人間がほとんどいない状況で、何か大きなプロジェクトを動かすときなどの際は難しく、自社スタッフを増やすのが弊社の最大の課題でした。

自社スタッフを増やす上で、業界内では現場からの引き抜きなどがメインで、かなりグレーゾーンな採用の仕方をしている企業が多く、しっかり自社採用を築き上げるのが難しい環境なのです。グレフを活用し始めてからは、求人媒体などで広告費ばかり排出してしまうよりも、グレフでしっかり働きぶりやお人柄などを知った上で、採用広告費なしで採用ができるので、かなり近道だと感じています。多額な広告費を出しても実際に面接などでお会いできる人がほぼいない状況でしたが、グレフを活用して長期雇用に繋げることもできました。

長期雇用に繋がるような人材に出会うには

単発のアルバイトで生計を立てている方は、様々な事情をお持ちの方が多いと思います。これまで弊社で色々な単発・短期の派遣、アルバイトの方とお付き合いさせていただきましたが、やはり何らかの事情で定職に就きたくても就けないという状況の方が多いなと感じていました。そんな中、ワーカーさんの働きぶりを見て、人となりを知った上であれば、こちらもオファーをしやすいですし、そうやってこちら側もしっかり向き合った上で長期雇用というオファーをすると、スタッフさんも快く受け入れてくれやすいんだなと実感しました。弊社としても、スタッフさんひとりひとりと向き合う努力は惜しみませんでした。

他にも事務員の長期雇用にも繋がった方がおり、大手携帯ショップの副店長経験のある方が、単発とかではなく定期的にシフトを組んで弊社に勤務してくれることになっています。このように経験もスキルも豊富な方とまさかグレフを通してご縁があると思っていなかったので、驚きました。

一度勤務済みの求職者へのアプローチ方法

例えば、大量に採用するコールセンターの単発アルバイト案件の場合では、案件の終了後もご縁があればまた勤務いただけるように、というところまで見据えてスタッフさんと関わりを持つように心がけています。そういったマインドセットで単発スタッフのみなさんと関わりを持つことで、コールセンターの仕事から通信の仕事に切り替え、引き続き勤務してくださるようになったり、長期雇用に切り替わったり、という方も出るようになりました。今後は、グレフのお気に入り機能もうまく活用し、一度働いてくださったスタッフさんのリピート率の向上も目指しています。

募集方法のカスタマイズ

通信の職種だと、どうしても週5回くらい勤務いただける方でないと厳しかったりするので、グレフを活用しづらくなってしまいます。しかし、単発でも勤務いただけるイベントや職種の募集がある際にしっかりとグレフを活用し、そこで勤務いただいたワーカーさんに一度会社を知ってもらい、通信での職種の機会を紹介し、そちらの職種にも応募しやすいような流れをつくれるように心がけています。

また、週5回コミットするとなると、どんな職場か分からなかったら不安だと思うので、一度弊社の雰囲気を知ってもらうことで、「他の職種にも勤務してみたい!」とモチベーションになっているのかな、と思います。ハードルの低い、チャレンジしやすい職種を初めに経験していただくと、会社の感じを知ってもらいやすいと思うので、そういった方には他の職種もトライしてもらえるような募集を出す様にしています。

関連記事

人手不足を低コストで解消したいなら
グレフにご相談ください

無料登録後、
すぐに求人票の作成・掲載が可能です。
グレフのことが3分でわかるお役立ち資料を
こちらからダウンロードできます。